经营学大学院

Management

经营学作为留学生每年报考人数最多的硕士学位,选拔考试有它自身的独特性,易上手,对于本科的专业要求很低,也就是说本科阶段完全没有学过经营学的同学也可以在短时间内通过自己的努力达到考试的要求。对于那些本科时日语专业,英语专业的同学以及对本科专业不感兴趣想转专业的同学,经营学是一个不错的选择。经营学具体分为三大部分,市场营销,经营战略以及经营组织,只要完全掌握其中的两项以上即可。

01核心课程构架 CORE STRUCTUR

多様な領域をカバーする10学部が、建学以来の“実学の精神”を共有しつつ、それぞれ自由な発想に立って個性と特色ある教育・研究活動を進めています。慶應義塾大学の大学院は、その活動の目的を“学理及びその応用を教授研究し、学術の深奥を究め

组织学

  • 学術の深奥を究め
  • 多様な領域をカバーする
  • 建学以来の“実学
  • の応用を教授研究し
  • て個性と特色ある教育
  • 慶應義塾大学の大学院
  • 慶應義塾大学の大学院
  • 慶應義塾大学
  • 慶應義塾大学
  • 慶應義塾大学
  • 慶應義塾大学特色あ
  • 慶應義塾大学特色あ
  • 慶應義塾大学特色あ

战略

  • 学術の深奥を究め
  • 多様な領域をカバーする
  • 建学以来の“実学
  • の応用を教授研究し
  • て個性と特色ある教育
  • 慶應義塾大学
  • て個性と特色ある教育
  • て個る教育
  • 学術の深奥を究め
  • て個る教育

经营学基础

  • 学術の深奥を究め
  • 多様な領域をカバーする
  • 建学以来の“実学
  • の応用を教授研究し
  • て個性と特色ある教育
  • 慶應義塾大学
  • 慶應義塾大学
  • 多様な領域をカバーする
  • 建学以来の“実学
  • の応用を教授研究し

商业学

  • 学術の深奥を究め
  • 多様な領域をカバーする
  • 建学以来の“実学
  • 多様な領域をカバーする
  • 建学以来の“実学
  • の応用を教授研究し
02课程构成 COURSE PERIOD

84H55% 特进课程

35H23% 人气大学过去问专讲

30H19% 经营学基础

6H3% 经营学模拟测试

03研究计划书专讲 RESEARCH PAPER
  • フォードとGMーーー環境、戦略、組織 ヤマト運輸の宅急便事業ーーー新しい事業の創造
  • GEの企業革新ーーー事業のリストラクチャリングと組織改革 ソニーのコロンビア映画会社買収ーM&Aと外部資源の利用
  • デジタル化へ富士写真フイルムの対応ー破壊的技術 マクドナルドとモスバーガーーーいかに競争するか
  • トヨタ生産方式ーーー日本的生産システム 消費者理解のマーケティング
  • ファミリービジネス 脱コモディティ戦略
  • M&A企業再編のマネジメント クロースボーダーM&A
  • 中国モデルの破壊と創造 日本のものつくり経営学
05专业课教学大纲 CURRICULUM

経営戦略のカリキュラム

    Chapter 1 概論

  • 1.経営戦略の階層的構造
  • 2.全社戦略
  • 3.事業戦略
  • 4.機能戦略
  • 5.アンゾフの企業戦略論

    Chapter2 業界の構造分析

  • 1.競争優位の源泉(内と外)
  • 2.業界の魅力度(SCP
  • 3.五つの競争要因
  • 4.規模の経済 · シナジー効果

    Chapter 3 バーニーの機会の分析

  • 1.国際経営

    Chapter 4 バーニーの企業戦略論

  • 1.RBV、VRIO
  • 2.青島・加藤の競争戦略論
  • 3.能力構築戦略(藤本隆宏)
  • 4. ダイナミック・ケイパビリティ
  • 5. ECI

    Chapter 5 競争戦略

  • 1.差別化戦略
  • 2.コスト・リーダーシップ戦略
  • 3.スタッフ・イン・ザ・ミドル
  • 4.集中戦略
  • 5.PIMS
  • 6.OEM、ODM、EMS
  • 7.生産方式

    Chapter 6 全社戦略

  • 1.事業の定義と企業ドメイン
  • 2.多角化
  • 3.PPM

    Chapter 7 垂直統合

  • 1.バリューチェーン
  • 2.スマイルカーブ
  • 3.戦略提携とM&A

組織論のカリキュラム

    Chapter 1 組織マネジメント論—古典から近代へ

  • 1.伝統的組織論の構造
  • 2.近代組織論

    Chapter 2 マクロ組織論

  • 1. 組織の基本形態
  • 2. 組織デザイン
  • 3. コンディンジェンシー理論
  • 4. 組織は戦略に従うべき

    Chapter3 ミクロ組織論

  • 1. 人間関係論
  • 2.モチベーション(動機づけ理論)
  • 3 .リーダーシップ

    Chapter 4 企業論

  • 1.企業の形態と分類
  • 2.多国籍企業の経営管理
  • 3.日本型企業システム

    Chapter5 経営者論

  • 1. 専門経営者の出現
  • 2. コーポレート・ガバナンス
  • 3. 企業の経営目的と企業的責任

    Chapter 6 組織文化

  • 1.組織文化の概念と3つのレベル
  • 2.強い組織文化と下位文化
  • 3.組織文化の機能と逆機能
  • 4.組織文化の変革と組織学習

    Chapter 7 集団の機能と組織

  • 1.集団(グループ)とは
  • 2.集団圧力
  • 3.集団浅慮(グループシンク)
  • *個人より意思決定と集定

マーケティング戦略のカリキュラム

    Chapter 1 マーケティングの概論

  • 1.マーケティングの変遷
  • 2.二つの論争
  • 3.企業ドメイン
  • 4.マーケティングの近視眼
  • 5.製品市場マトリックス
  • 6.多角化
  • 7.PPM
  • 8.STP

    Chapter 2 消費者行動研究

  • 1.S-O-R研究「ハワード=シェスモデル
  • 2.消費者情報処理研究・選択ヒューリスティクス
  • 3.普及曲線
  • 4.準処集団
  • 5.ライフスタイル研究

    Chapter 3 マーケティングミクシー

  • 1.プロダクト
  • 2.プライス
  • 3.プロモーション
  • 4.プレース

    Chapter4ブランドマネジメント

  • 1.定義・意義
  • 2.ブランド資産
  • 3.構成要素
  • 4.基本戦略
  • 5.採用戦略
  • 6.ブランド拡張

    Chapter5サービス・マーケティング

  • 1.定義
  • 2.サービスの特性
  • 3.サービス業のマーケティングミックス
  • 4.インターナル・マーケティング
  • 5.ソーシャル・マーケティング

    Chapter6関係性マーケティング

  • 1.定義と変遷
  • 2.持続関係の構築と維持
  • 3.CRM
  • 4.意義
  • 5.マーケティング全般との関連 
  • 6.マーケティング・リサーチ

    Chapter 7国際マーケティング

  • マクロ・マーケティング
  • メーカー
  • 小売業
  • 卸売業
  • 流通
06研究计划书专讲 REPORT

全体に対するコメント:

1、テーマが大きすぎる。このテーマにすると、何年間の研究が必要だと思う。通常のやり方だと、具体的なサイトや商品を選び、そこで研究して、実証研究を行うことが多い。この研究計画書では、いろんな論文を読んでいたことが分かっているが、現実世界で、何を想定して、何を研究するのかは全然全然わからない。

僕の考え方としては、一つの商品や産業(食べログ)を選んで、研究を行うことがイメージしやすいし、具体性があるので、学生におすすめしています。そうしないと、結局結論があいまいだし、現実的な意義も薄い。

2、研究テーマと先行研究(ケテゴリー)はリンクしていない気がする。ロジックとしては、購買決定に影響を及ぼす要素を研究したい → では、今の研究では、A、B、Cという要素が影響していると実証されます → 私は、A、B、Cに対してもっと研究する、あるいは、ABC以外はDもあるので、私は研究したい。みたいな形になっていると思います。

今読んだ限りでは、関連性がよくわからない。

3、製品カテゴリーの分類はわからない。他の人がこう分類して研究しているから、馬さんも同じ分類をしているってことですかね? 1番のコメントと関連しているかもしれませんが、結局現実世界で何を研究するのかは書いていないから、研究全体はあいまいになってしまいます。というのは、こんな大きなテーマを研究することは、二年間の研究で馬さんができるの?いい結果を出せるの?という疑問。

徐先生の意見もありますが、まずキーワードを整理してみてください。

・インターネットコミュニティは具体的(app)にどのものを指していますか?大众点评のようなサイトなの?

・製品のカテゴリーは現実的に何物を指していますか?この分類は何の意味を持っているのでしょうか?なぜこう分類していますか?

そして今までの研究を整理してみてください。

・購買行動に影響するものがどういうものがありますか?